人手不足と対策

名刺

若手の育成をするべき

私は以前、不動産会社とリフォーム会社の2社で働いていたことがあります。そのときに、施工管理ができる人が不足しているとのことで、求人を出していました。若手の人材がなかなかいないため、若手を中心に求人募集を出しました。施工管理と聞くと、なんとなく年配の人のイメージがあります。確かに、経験が豊富な方がいろいろと対応できるのでいいのですが、それを受け継ぐ人材も必要です。最近は、なんの職業にしても受け継ぐ若手がいないというのが現状だと思います。なので、企業はもっと若手の育成に力を入れていくべきだと思います。施工管理は特に、資格も必要だとは思いますが、経験がものをいうのでしっかり会社で育成をしていくべきです。

やる気が大切だと思います

今後もきっと、施工管理ができる人材はこのままでは減っていってしまうと思います。年配の人の技術や知識を少しでも受け継ぐためにも、とにかくまずは求人募集を出して、未経験でもいいのでやる気のある人の育成をしていけばいいと思います。一番大切なのはやる気だと思います。以前勤めていた会社では、若い男性が応募をしてきて、採用となりました。知識が豊富だったので採用したみたいです。施工管理の試験を受ける権利は持っていたので、近々施工管理の資格試験を受けると言っていました。求人には多数応募があったみたいですが、いまいち、施工管理を目指したいという、強い気持ちを感じられる人は少なかったみたいです。ですが、無事採用が決まってよかったと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加